化粧水はコットンで!ちょっとの工夫で劇的に変わるスキンケア

日頃のスキンケアで一番お手軽で基本的なものが、化粧水や乳液を使うことですよね。

私も、お風呂上りや洗顔後、メイク落とし後には、必ず化粧水と乳液を使ってケアをしています。

ところが、この基本的で簡単なスキンケアにも気を付けなければいけないことがあります。

それは…「化粧水には、必ずコットンを使うこと」です!

化粧水には多くの有効成分が含まれていますが、手に出してしまうと、その有効成分を手の肌が吸ってしまいます。

顔につける頃には有効成分のあまりない化粧水となっていて、ケアしているつもりが全然できていないということも…。

また、手でつける場合は手をかなり清潔にしておかなければなりません。

自分の手がどのくらい綺麗か汚いかなんてパッと見では分かりませんし、これがけっこう難しいんですよね…。

手でつけるのが悪いというわけではないですが、毎日スキンケアをすることや化粧水の顔への浸透率を考えると、コットンのほうがケアとしては有効です。

コットンを使うのは肌に悪い気がする…と思う方は、コットンをパックのように使ってみるのもいいかもしれません。

薄いコットン3~4枚に化粧水や乳液をしみこませ、顔に貼って置いておくといいと思います。

もちろん、擦らないように気を付けて、滑らせるようにつけるとお肌への負担がないので、普通につけても大丈夫ですよ。

化粧水、乳液をつけるという基本的なスキンケアも、やり方次第で変わるものです。

ぜひ試してみてくださいね。こちらもおすすめ>>>>>シズカゲルの口コミと効果|コレ1本であらゆるお肌の悩みが解決!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です